本文へスキップ

クヌースP

Knuth P (クヌースP)

レトロでポップなアイドルテクノポップ製造マシーン
VOCALOIDを用いた楽曲を制作・公開しています。




配信中アルバム

ALBUMS

恋のアルゴリズム

恋のアルゴリズム

クヌースPさん『恋のアルゴリズム』はキュートな恋の歌を集めた作品です! Tr.2「ワタシアナライザー」でクヌースPさんを知った方も多いかと思いますが、テクノポップの曲調に、恋する女の子の気持ちをパソコン用語を取り入れて表現した歌詞はとても印象的! Tr.6「シークレットバレンタイン」ではバレンタインの本命チョコを渡すストーリーを明るくポップに描きます! 元気の素がぎゅっと込められたアルバムは、きっとあなたを前向きでハッピーにしてくれるはず!
(KarenT紹介文より抜粋)

Maybe,誰よりも

Maybe,誰よりも

クヌースPのメグッポイドのデビュー作。キラキラしたカワイイ'80s風アイドルポップ。コンセプトは「資○堂の夏」。一途でピュアなJKの恋する日常の1コマを歌ったリアルなGUMIにベストマッチングな一曲。OFF VOCAL収録。ぜひ女の子歌って欲しいです。

Electronic Circuits

Electronic Circuits

クヌースPさんがお届けする『Electronic Circuits』はレトロでエスニカルなエレクトロポップのTr.1「加速する恋の電子回廊」と、変拍子テクノTr.2「empty sounds(C:)」の2曲で構成された作品。
Tr.1はメグッポイドと初音ミクのユニゾンで恋のビビッとくる感覚を"電子回路"に例え、その求める気持ちが渦巻いている状況を"電子回廊"となぞらえて歌った楽曲。Tr.2はミクのハキハキとソリッドに歌う声と繰り返されるオケの無機質な感じが、より曲名のパソコン用語の電子的な感覚を引き出しています。
これらの2曲は気がつくといつの間にかループしているほどに相性が良く、ぜひ一緒にお楽しみいただきたいです!
(KarenT紹介文より抜粋)

花物語

花物語

作詞に山本ニュー氏を迎えた問題作、少女たちの禁断の恋を描く「花物語」と、白昼夢とも幻想ともいえる空気感で少女の心のつぶやきを歌う「yurete」の2曲を収録。

ALBUMS2

アンラッキー・ガール

アンラッキー・ガール

クヌースPさんの新作『アンラッキー・ガール』!先月配信開始の『花物語』に続いて連続リリースとなる今作も、作詞に山本ニューさんを迎えたかわいい×テクノポップな楽曲です。特にテクノポップが肌に染み付いている30代以上は、聴いているうちになんだか懐かしいに似たような感情が芽生えてくるハズですよ!
かわいい×テクノポップに浸りたい時は、前作『花物語』とも合わせて聴いてくださいね!
(KarenT紹介文より抜粋)

あたしタマゴ

あたしタマゴ

『あたしタマゴ』はクヌースPさんの毎月連続リリース第6弾!
ミクがゆったりと歌うドリーミーな空間へみるみる引き込まれていきます。
作詞はみへきさんによるもので、"あの日あなたに出会えた瞬間から あたしの気持ちに触ってくる なにか愛おしいもの"と、はっきりと意識することはできないけれど確かに息づいている感覚とこれから生まれてくる予感をタマゴになぞらえて表現しています。
華やかさを添えるハープの音色と、優しげなシンセの音で穏やかな気分にさせてくれます。
なのえさんによる神秘的でこれから色づいていくであろう白い生命が気になるジャケットもあわせて『あたしタマゴ』の世界観をお楽しみください!
(KarenT紹介文より抜粋)

暗闇のスキャナー

暗闇のスキャナー

クヌースPさん『暗闇のスキャナー』は『アンラッキー・ガール』、『花物語』に続く作曲・クヌースPさん、作詞・山本ニューさんのコラボ第3弾!アイドルポップスを思わせるサウンドがアップテンポに繰り広げられます。
モニター越しに「きみ」のくちびる・まなざし、すべてのリアルを走査する!そんな闇の存在が潜む前で、あなたは何をしていますか。泣いていますか?笑っていますか?やましいことはしていませんか?
少し奇妙なデジタルの空間に誘い込まれる作品です。
(KarenT紹介文より抜粋)

26時のラヴィラビ

26時のラヴィラビ

作詞:ひなぁ、作曲クヌースでお届けするあたらしい恋の形。
ネット見かけるあの人にいつの間にか心惹かれていませんか?見たことも会ったこともないあの人に。

 

ALBUMS3

レッド・シグナル101

レッド・シグナル101

『レッド・シグナル101』は楽曲クヌースPさん、作詞山本ニューさんで送るコラボ4作目!今まで作られた曲中で最高速のビートに載せてメグッポイドが歌う歪んだ失恋ソング。
前作「26時のラヴィラビ」のかわいらしさとは正反対の強めの音圧、歪ませたボーカル、怪しげで急かすような低音…。ジャケット画像の強気な女性像、そして「レンガ色に+染まったかかとは そんなことも+知らずに眠るよ」それってつまり…とぞくぞくするような情景も見えてきたりでダークで危険な香りが漂う作品です。
(KarenT紹介文より抜粋)

Bottle Music

Bottle Music

クヌースPさん『Bottle+Music』は鏡音リンの歌うエレクトロミュージック!A面には「COCORO-WIRED」、そしてB面として「カウンタ88」の2曲が収録されています。
Tr.1「COCORO-WIRED」は「ワタシアナライザー」を彷彿とさせるミドルテンポの楽曲で、もともと発表していた曲のリメイク版とのことです。リンが英語で歌う恋しくも切ない、そして韻を踏んだ歌詞が面白い1曲です。
Tr.2「カウンタ88」はその名の通り、5分弱の曲の中で1から88までを辿る数え歌。数字をあらゆる読み方に見たてて歌詞にひそませたセンスが見事!今作の作詞も山本ニューさんが担当されています。
(KarenT紹介文より抜粋)

PROFILEプロフィール

クヌースP

 SH100000(エスエイチジュウマン)名義でニコニコ動画に『恋のアルゴリズム』(初音ミク)でデビュー。.歌詞内の「アルゴリズム」他コンピュータ的用語から、数学者、情報工学者として有名なドナルド・E・クヌース氏が連想され「クヌースP」というP名タグが付けられる。それまで氏を知らなかったSH100000本人はそのイケてる感を大層気に入り、その後すぐにクヌースPと名乗るようになった。

inserted by FC2 system